平和観音様
H1

【杣保の宴】 2018年7月7日(土)

水墨画展示や宝探し、和太鼓お囃子演奏に食事等、

「探すー聞くー見るー読むー食すー楽しむー体感」の

七つをテーマにした楽しいイベントが開催

H2

杣保の宴(そまのほのうたげ)とは?

―今から500年前、武蔵国の青梅地域は「杣保(そまのほ)」と呼ばれていました。

 「杣」は木材を切り出す山、「保」は荘園などの所領の意味があり、そこに住む人々は古くから自然と共生して生活をしたそうです。当時この地域一帯を治めていたのは勝沼城主である「三田氏」という豪族で、武士でありながら連歌や風流を嗜む文化人であったといわれています。

 1509年、京都より一流の連歌師である「柴屋軒宗長(さいおくけんそうちょう)」が勝沼城を訪れました。連歌師によって開かれる連歌会じゃ戦国時代では情報交換の場とされ、当時の重要な情報源であったとされます。この塩船観音寺で何度となく華々しい連歌会が執り行われたのではないでしょうか。

 そして、今年もこの日限りの「杣保の宴」を開催します。―

H2

開催日

2018年7月7日(土)10:00~17:00 (雨天決行:荒天の場合中止)

 

 水墨画展示や宝探し、和太鼓お囃子演奏に食事等、「探すー聞くー見るー読むー食すー楽しむー体感」の七つをテーマにした楽しいイベントが開催されます。ぜひご家族様揃ってお越し下さい。

 

※イベント詳細、中止のお知らせなどは一般社団法人青梅青年会議所のホームページ、Facebookをご覧下さい。

 

一般社団法人 青梅青年会議所のホームページ

URL  http://omejc.or.jp/

↑クリックすると拡大します。

Copyright SHIOFUNEKANNONJI

真言宗醍醐派 別格本山 塩船観音寺 〒198-0011 東京都青梅市塩船194 電話 0428(22)6677